家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > オトンの流儀とか アーティスト編 > 息子の弁当をずっと作っていました、アフリカ料理とか。それに初めてクリスマスケーキを作ったんです。めでたく海老をドーンと乗せて。

タレント、俳優、放送作家 ダンカンさん
オトンの流儀とか
アーティスト編 Vol.05

息子の弁当をずっと作っていました、アフリカ料理とか。それに初めてクリスマスケーキを作ったんです。めでたく海老をドーンと乗せて。

タレント、俳優、放送作家 ダンカンさん

タレント、俳優、放送作家 ダンカンさん

家族構成:娘(28歳)、息子(26歳)、息子(18歳)

聞き手:oton+to編集長 布施太朗 写真:吉谷吾郎

―ダンカンさんがお子さんにひとつのことしか教えられないとしたら?

人と違う生き方をしなさいということですかね?なんでもいいんですよ。なんだろうなあ。女の人と恋愛して失恋してとか本人にとってはすごく深刻なことなんですけど、そんなことは人類が始まってから、ものすごくたくさんの人が同じことを味わっていて、ということは先人のコピーみたいなもんでね、自分が最初じゃないですから。つまり大概のことは今までの歴史でやってきちゃっているんですよね。そんな中、何か違うことをやってみていいんじゃないかって思うんです。犯罪でない限りね。ワイドショーに出るくらいの人と違うことがあってもいいんじゃないかって思うんです。叩かれたり批判されたとしても。ワイドショーって人と違うことをした人しか取り上げないですから。叩かれないように人と同じに合わせてもその先には行けませんからね。

―虎太郎くんがワイドショーを賑わしているのをダンカンさんがコメントしているっていうのも面白いですね。

立てこもり犯になったりね(笑)。でもすごく良いこと言う立てこもり犯とか。みんなが「彼、とても良いこと言ってるよ!でも立てこもってるよ!」って(笑)。それを僕が現場に行って、日本中に中継されながら息子を説得するっていうね。
そしたら「ダンカン、バカヤロー!!!オマエより立てこもりの息子の方がいいこと言ってるじゃねーか。出てくんじゃねーコノヤロー」って言われたいです(笑)。

―あははは!あらためて質問ですが、奥様が亡くなられたこの2年半で、ダンカンさんご自身が1番変わったなと思うところってなんですか?

去年のクリスマスにケーキを作ったんですよ(ムフフ)。自分がケーキを作るなんて生涯ないと思っていたので自分自身ビックリしました。具体的に言うとそこですかね。で、どうせなら世界に一つしかないケーキを作ろうと思って、めでたく海老を1匹乗せたんです。茹でた海老をサンタに変身させました。

ダンカンさん

ダンカンさん

―海老をサンタにしたクリスマスケーキは見たことないですね(笑)。

虎太郎も喜んでくれて、近所の行きつけの飲み屋に持って行こうってことで、お客さんに振舞いました。虎太郎も誇らしげにしていましたよ。自分が作ったわけじゃないのに(笑)。

―大学生になるとユニホームが洗えなくなって寂しい?

そうですね。ユニホームが洗えない。弁当が作れない、、、。

―お弁当も作っていたんですね。

ずっと作っていました。睡眠時間が3時間くらいでも朝早く起きて。弁当もいろいろ工夫して、普段見たこともないようなものを作っていましたから。

―見たことないお弁当、例えば?

アフリカ料理とかなんだとか全部弁当にしましたよ。家の食事にしたって、京都の懐石料理のレシピ調べて作ったしね。献立までちゃんと筆で書いて(笑)。

―すごい!よその家庭では作らないものばかり作っていますね(笑)。楽しかったですか?お弁当作りは。

面白かったです。そうやっていると、こっちもたくさん発見がありましたからね。

ダンカンさん

今回の"オトン"なアーティストは、

ダンカンさん

家族構成:娘(28歳)、息子(26歳)、息子(18歳)

オトンが楽しく暮らすマンション。

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます