家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > オトンの流儀とか アーティスト編 > 家族という幸せの重圧に、この先耐えられるのかな?と思うんです、僕。【第3回】

タレント 東京都 照英さん
オトンの流儀とか
アーティスト編 Vol.07

家族という幸せの重圧に、この先耐えられるのかな?と思うんです、僕。【第3回】

タレント 東京都 照英さん

タレント 東京都 照英さん

家族構成:妻、息子(小5)、娘(小2)、娘(1歳)

聞き手:oton+to編集長 布施太朗 写真:吉谷吾郎

第3回野球のことは「失敗しちゃったな」って思いましたね。親のエゴ、ゴリ押しでしたから。

―野球はじめてどのくらいで辞めたんですか?

2年生ではじめて3年生で辞めました。「キャッチボールはこうやってやるんだ、捕り方はこう、何であそこで打てないんだよ、ボール見て打たなきゃ」って言っていたら「野球やってるからパパに怒られる」ってなってしまったようなんです。本当はもっと前に辞めたいと言っていたんですが、僕は辞めさせないって思っていたんです。でも気づいたんですね。「ああ俺が無理強いしすぎたのかな、本当にやりたいことをやらせたほうがいいんだ」って。僕がそれに気づくのに1年掛かったんです。

―お父さんが1年後に気づいたんですね。

はい。今はテニスと水泳をやっています。僕が助言の出来ないスポーツです(笑)。水泳は僕も子どもの頃にやっていたんですがクロールと平泳ぎで辞めたんです。息子は今、メドレー選手なので背泳ぎもバタフライも出来るんです。何も言えないですね(苦笑)。テニスにいたってはテニスのテの字も知らないし、応援の仕方も分からないから、観に行くこともしていません。

照英さん

―応援に行かないんですか?

観に来なくていいと言われます。野球の時のトラウマがあるようなんです。僕も野球の頃とは違って息子に「辞めたっていいんだよ、水泳とテニス」って言うんです。息子は「辞めたくない、好き、やりたい」って。だから「じゃあ約束な。やりたいならとことん突き詰めろ。そしたらいつか必ず拍手がもらえるから」って。だから今頑張っています。野球のことは「失敗しちゃったな」って思いましたね。親のエゴ、ゴリ押しでしたから。これやっちゃっている人多いと思いますよ。でもね、息子とのキャッチボールだけは今も続けているんですよ。

―ほお、キャッチボールを?

僕の仕事が休みの時に「とりあえず10分でいいから、キャッチボールやろう」って言うんです。野球を辞めたのになんでやっているかというと、地肩を強くさせるため。将来、槍投げをやった時に強くなれるように。

―照英さんと同じ槍投げの選手にさせようと?

僕の母親が毎朝キャッチボールをしてくれていたんです。雨の日も風の日も雪の日も毎朝、登校前に。日曜日は少年野球があるので、月曜日から土曜日まで毎日です。中学校になって陸上部に入って、その後、肩が強いっていうことで槍投げ選手になり、活躍できたのは母親とのキャッチボールのおかげです。子どもにはそのこと言っていないですけど。

照英さん

今回の"オトン"なアーティストは、

照英さん

家族構成:妻、息子(小5)、娘(小2)、娘(1歳)

オトンが楽しく暮らすマンション。

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます