家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > 特集 > 【夏休み】家にこもって◎◎しよう > 今までは「私はこうだから」「俺はこうだから」とそれぞれの立場で主張争いをしていたんですけど、今は「チーム畠山家として、どれだけ機能するかが重要だね」って。

ラグビー選手 ラグビー日本代表 サントリーサンゴリアス 畠山健介さん(31歳)
オトンの流儀とか
アスリート編 Vol. 03

今までは「私はこうだから」「俺はこうだから」とそれぞれの立場で主張争いをしていたんですけど、今は「チーム畠山家として、どれだけ機能するかが重要だね」って。

ラグビー選手<br class= ラグビー日本代表 サントリーサンゴリアス 畠山健介選手(31歳)">

ラグビー日本代表 サントリーサンゴリアス 畠山健介選手(31歳)

職業:ラグビー選手 
ご家族:妻、娘(4歳)

聞き手:oton+to編集長 布施太朗

―奥様はこれからもお仕事を続けていかれますよね。

それは何度も喧嘩するくらいの勢いで話しあっています。彼女の強い責任感から続けている部分もあるし、やりたい気持ちもあると思います。また将来やりたいことも彼女の中ではあるようですね。

―喧嘩になるくらい話し合われたんですね。

以前は仕事を理由に、僕の方の食事面でのサポートが出来ないとかいうのも多々あって、そういうところで何度も喧嘩になりました。先ほども言ったように、基本、クラブハウスで夕食が出るんですが、家で食べる日もあるんです。ただ、それは事前に分かっていることで、かつそんなにいつものことではないんです。その限られた回数の食事の準備について、犬も食わないような喧嘩をしていました。彼女の仕事がどのくらい忙しいのかということを、僕も理解していなかったので。

―奥様もかなりお仕事は忙しいんですね。

家に帰って来ても、夜中まで仕事しているんです。そのまま寝落ちしたりして。「それだったら布団で寝ろ」と。「それで次の日、『疲れた』っていうのはちゃんと寝てないからだ!」とか言って喧嘩になったりしていました(苦笑)。

―最近はないんですか?

はい。荒れていないです海は。穏やかな航海をしています(笑)。

―徐々にお互いのことを理解できてきたということですか?

それはあります。今までは「私はこうだから」「俺はこうだから」とそれぞれの立場で主張争いをしていたんですけど、子どもも出来て「今はチーム畠山家として、どれだけ機能するかが重要だね」っていう話をするようになったので。「俺はプロでやっているから」「私は職場が遠いから」じゃなくて、役割分担というより、例えば皿洗いはどちらの役という分担ではなく、その時に出来る人がやるという風にやっています。今のところいい感じです。

―海外遠征などでいらっしゃらない時も多いですよね。

そうですね。2015年は特にW杯とかでほぼ家にいませんでした。

―その時は奥様がひとりで?

はい。嫁さんがひとりでやっています。食事はそんなにクオリティが高いものは出来ないと思うで、朝はシリアルを食べさせたりして保育園に送って、1時間かけて仕事に行って、お迎えに行き、ご飯の支度をして食べてお風呂入って、寝かしつけて、その後、自分の仕事をしてという、、、。嫁さんの方がしんどかったんじゃないかなあ。

―遠征中はけっこう連絡取り合いますか?

はい。頻繁に連絡しています。体調に変化はないかとか。それと、愚痴ではないですけど、言いたくなる時ってあるじゃないですか。そういうのをお互いに言ったりしています。

―長い遠征から帰って来た時の娘さんの反応は?

今は比較的ウエルカムです。大きくなって僕のことも父親として認知してくれているので。小さいときは苦労しました。

ラグビー日本代表 サントリーサンゴリアス 畠山健介さん

ラグビー日本代表 サントリーサンゴリアス 畠山健介さん

今回の"オトン"なアスリートは、

ラグビー日本代表 サントリーサンゴリアス 畠山健介選手

職業:ラグビー選手
年齢:31歳
ご家族:妻、娘(4歳)

オトンが楽しく暮らすマンション。

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます