家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > “オトン”なアスリート > 長女が20歳になってもやれていたらかっこいいな。娘から「もういいんじゃない」って飽きられるくらいまでやっていたいですね。|ガンバ大阪 |遠藤保仁

サッカー選手 ガンバ大阪 遠藤保仁さん(36歳)
特別連載企画
"オトン"なアスリート Vol.02

長女が20歳になってもやれていたらかっこいいな。娘から「もういいんじゃない」って飽きられるくらいまでやっていたいですね。|ガンバ大阪 |遠藤保仁

サッカー選手<br class= ガンバ大阪 遠藤保仁選手(36歳)">

ガンバ大阪 遠藤保仁選手(36歳)

職業:サッカー選手 
ご家族:家族構成:妻、娘(中1)、息子(小5)、娘(小4)、息子(3歳)

聞き手:oton+to編集長 布施太朗

―最後に、遠藤選手にとって子育てってなんですか?

うーん、、、。難しいですね。でも自分自身にしか分からない喜びや楽しみを見つける時間じゃないですかね。僕自身、僕と嫁の間に子どもがいる時間や、子ども同士でワイワイやっているのを見ている時間は、僕にとってすごく楽しいと感じる時間なので。その楽しさっていうのは、自分自身にしか分からないことなんじゃないかなと。あっ、たまに長女も抱っこしますよ。嫁と背が同じくらいなんですけど「抱っこさせて」って言ってバーンって持ち上げて「ケツデカくなったなあ」って(笑)。

―それは羨ましいですね(笑)。

今のところ娘に嫌われていないのが幸せです(笑)。家にいない時は2週間くらいいなかったりするんですが、帰った時は「おーっ!」って言ってくれます。

―お土産は買って帰るんですか?

僕は買わないです。たまにブツブツ言われますけど。「なんで買ってきてないの?」って。そういう時は「ごめんごめん、コンビニ行こうぜ。好きなもん買え、でも1個だけね」って。

―活躍しているところをテレビで観て、お子さんから何か言われることありますか?

言われますよ。「下手くそー。なんでシュート決めないの?」って、よく言われます。

―それについては?

「うるせー」って言い返します(笑)。

―まあ、でも、お子さんが物心ついた時にもバリバリ現役でやっているサッカー選手って少ないですよね。

そうですね。早めに子どもを作って、かつ、長くやり続けないと、子どもの目に焼き付けるというのは出来ないですね。そういう意味では1番下の子が、完璧にパパサッカーしているというのが分かる歳まではやりたいなと思います。今でも、パパのお仕事はサッカーって言うんですけど、ちゃんとプレーをしている姿は、まだうろちょろしながらなので、よく見ていないと思うんです。あと2〜3年すれば十分分かると思うんですけど。

―子どもの目に焼き付けるまでは、、、。そういうのは糧になっていますか。

いいモチベーションになっています。その頃までバリバリレギュラーで出ていたいと思っています。家で「腰痛え、足痛え」とか言っていると、嫁さんには「何歳までやってんの?もういいんじゃない」って言われますけど(笑)。あもっと言うと、長女が20歳になってもやれていたらかっこいいな。娘から「もういいんじゃない」って飽きられるくらいまでやっていたいですね。うん、そうですね。そうでありたいと思います。

ガンバ大阪 遠藤保仁さん

今回の"オトン"なアスリートは、

ガンバ大阪 遠藤保仁選手

職業:サッカー選手
年齢:36歳
ご家族:家族構成:妻、娘(中1)、息子(小5)、娘(小4)、息子(3歳)


オトンが楽しく暮らすマンション。

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます