家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > オトンの流儀とか アスリート編 > 長女が20歳になってもやれていたらかっこいいな。娘から「もういいんじゃない」って飽きられるくらいまでやっていたいですね。|ガンバ大阪 |遠藤保仁

サッカー選手 ガンバ大阪 遠藤保仁さん(36歳)
オトンの流儀とか
アスリート編 Vol. 02

長女が20歳になってもやれていたらかっこいいな。娘から「もういいんじゃない」って飽きられるくらいまでやっていたいですね。|ガンバ大阪 |遠藤保仁

サッカー選手<br class= ガンバ大阪 遠藤保仁選手(36歳)">

ガンバ大阪 遠藤保仁選手(36歳)

職業:サッカー選手 
ご家族:家族構成:妻、娘(中1)、息子(小5)、娘(小4)、息子(3歳)

聞き手:oton+to編集長 布施太朗

―お父さんになってから、父としての自我が芽生えたとか、パワーアップしたことというのはありますか?

ガツンといく時の威力は増しました(笑)。父親が子どもに対して、たまに厳しい部分も見せないとというのが僕の中にはあるんです。まあ、怒り方の威力は増しましたね。たまには声荒げないと(笑)。

―声、荒げるんですね?

はい。親父は怖いというのを多少印象付けておかないと(笑)。僕が子どもの頃もやっぱり母に怒られるのと、父が出てくるのは違いましたから。「わーっ、親父出てきたー!怒られるー、しばかれるー!」って思っていました。

―それが遠藤選手のイメージする、あるべき父親像ですね。

そうですね。僕の父も普段はどっしりしていてあまりくりうるさく言わないタイプですけど、誰かに迷惑かけた時、母親に迷惑かけた時なんかは、もうガツンとやられてきたので。僕の場合は、そういうお父さんプラス、ちょっとやんちゃなところがあったらいいなって思います。

―ちょっとやんちゃな?

外ではかっこよく、でも子どもの前ではバカをやるみたいなお父さんでありたいなと。あんまり外では見せないような顔を子どもの前で見せるのは必要だなと思います。自分が楽しんでいると言えばそれまでなんですけど。一緒に「ウエー!」って叫びながら滑り台滑ったり、子ども相手にひたすら一生懸命サッカーしたり。あ、子どもにとっては、父親がサッカー選手だとかっていうのは関係ないですから。そのことを3人目の子どもと遊ぶようになってから気づいたんです。

―サッカー選手とか関係ない?

1人目の子と外で遊んでいた時とかは、周りの人にバレたくないなって思っていたんです。バレたらめんどくさいなって。でも、3番目の子から気づいたんです。あんまり、こちらが気にしていてもしょうがないなと。だから例えばゲームセンターに一緒に行って、周りの目は気にしないで「おーっ!」って声出しながら対戦ゲームやったりしています。そういうのも1回やってしまえば普通になっちゃうので。

―なるほど、その方がよりお子さんと向き合えて楽しめますもんね。

本当にそうですね。周りの目は気にしないで。子どもにとって楽しいと思えばそれが1番なので。
©️Yatto7

ガンバ大阪 遠藤保仁さん

ガンバ大阪 遠藤保仁さん

今回の"オトン"なアスリートは、

ガンバ大阪 遠藤保仁選手

職業:サッカー選手
年齢:36歳
ご家族:家族構成:妻、娘(中1)、息子(小5)、娘(小4)、息子(3歳)

オトンが楽しく暮らすマンション。

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

最近よく読まれている記事をご紹介
週間人気記事ランキング

まだデータがありません。

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます