家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > 特集 > 【夏休み】海川山森&キャンプ特集 > 体験レポート★はじめてのキャンプ! 〜昼遊び篇〜

【夏休み】海川山森&キャンプ特集

2016.7.19

体験レポート★はじめてのキャンプ! 〜昼遊び篇〜

oton+to編集部の鈴木です。

夏はやっぱりキャンプだ!ということで、

先日、わが家はキャンプデビューをしてきました!

 

といっても、まずは妻と子どもたちを「慣れさせよう」ということで

今回は、バンガロー泊。

オトン的にはしょっぱなからテントでいきたかったのですが

まずはここからスタートです(つぎはテントいきたい!)。

 

初心者ならではの目線で、ここから4回、

昼遊び篇、BBQ篇、持っていくといい物篇、番外編

でお伝えしたいと思います。

 

さて、行ったのは、長瀞オートキャンプ場

都心からも近く、温水シャワーとか、売店とか、

いろいろ揃っていて初心者向きのキャンプ場です。

 

一緒に行ったのは、大学時代からの友人家族。

こちらはテントを購入したばかり。初テント泊です。

 

というわけでは、到着してまずはテントの設営。

Snow peak社のアメニティドームM。

さすがよく出来ているというか、思ったより簡単でした。

ゆっくりやって、だいたい30分くらい。

テントに支柱を通していくだけで、すんなり出来ていきます。

 

タープの下には、テーブルやらイスやら、お酒やら何やら。

思い思いのものを持ち込んで、秘密基地をつくっている感覚。

完全に自分たち好みでつくり上げていく感じが、とてもワクワクします。

 

子どもたちも楽しそうで、出来上がったテントに入り込んで、

好き勝手に遊び始めていました。
IMG_2138

 

 

 

 

 

テントを設営したら、ひとまずカンパイ。まだ13時すぎ。

昼間から外で飲むビールはうまいですね。

このダラダラした感じが最高でした。

 

そして、一息ついたら、BBQまでは遊びタイム!

子どもたちをさそって、サッカー、キャッチボールと、

思い切り、いい汗をかきました。で、またビール。うまい。

IMG_2220

 

 

その後は川原にいき、石で「水切り」を。

オトン、いいところを見せようと投げますが、なかなかうまく跳ねません。

息子は、3回。おおっ、お前やるな!と。

 

そのうちだんだん、石を投げるという行為自体が面白くなってきたのか、

子どもたちは、「いかに大きな石を運んで投げるか」対決に。

IMG_2164

※息子、とにかく重い石を持つことに挑んでいます

IMG_2167

※友人家族の男の子。こちらも負けじと放り投げていました

 

オトンも一緒になって、はしゃぎまくる。

娘は石が重すぎて、転んだりしていましたが、みんないい笑顔でした。

 

 

(次回、BBQ篇につづきます!)

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

最近よく読まれている記事をご紹介
週間人気記事ランキング

まだデータがありません。

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます