家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > 旅行する > 雪山で、大きくなれ。

旅行する

2015.2.12

雪山で、大きくなれ。

最近、ちょっとスポーツに興味がでてきた子どもたち。冬といえば、雪山。大きな自然の中で思い切りカラダを動かしたら、なんとなく大きな人間に育ちそうだ。というわけで、スキーにチャレンジしようと思い立った編集部の鈴木祐介(35)。果たして、6歳の息子と4歳の娘は滑れるのか。いや、もっと言えば、15年振りの私(大学以来行ってないのです)は滑れるのか。

 
ふかふかの雪は転ぶのも楽しい

不安はありつつも、「行ってしまえばなんとかなるだろう!」ということで、北海道へ。「星野リゾート リゾナーレ トマム」にお邪魔してきました。雪を見たとたん、テンションが上がる息子。いきなり雪合戦をはじめる娘。ひさしぶりのスキーに父もワクワクしつつ、雪山へ。「ちゃんとストレッチしないとケガするぞ」と子どもたちに、そして自分に言いきかせて準備体操。まずは初心者コースのゲレンデ「ニポタウン」にチャレンジしました。が、そういえば、どうやって教えたらいいんだろう?と悩む私。まあ、獅子は子を谷に落とすと言うじゃないか、と言い訳しつつ、とりあえず八の字の格好だけ教えて滑らせてみることにしました。

すると、案外滑れるんですね。ただ、よく考えたら止まり方を教えていませんでした(ごめん、息子よ)。でも、転んで雪まみれになることも楽しいようで、「もう一回!」と笑顔。そのやる気をみて、これはちゃんと教えたほうがいいなと思い直し、スクールに参加。「チョッカリ大魔神のスキー魔界学校」に入学です。直滑降が大好きという大魔神の手下が、魔界流(!?)で教えてくれるのですが、子どもの吸収力はすごい!正しい八の字や曲がり方など、どんどん学びます。ついつい、子どもたちの成長に顔がほころんでしまいました。

 

kirinuki2 クロスカントリースキー:時には手をつないで引っぱったり、支えたり。ゴールを目指して、ちょっとした一体感が

main 鈴木家。親は15年ぶりのスキー

 

kirinuki1

チョッカリ大魔神

sab_lessn

まずは板に正しく乗るところから、カニ歩き、ボーゲン、ターンなど。チョッカリ大魔神の手下が、遊びながら教えてくれます

 

たどりついた人だけが、食べられるご褒美

それにしても、雪山って、いろんな楽しみ方があるんですね。どうやら妻は、クロスカントリーが気に入った模様。競技スキーのイメージが強かったのですが、実は気軽にできちゃいます。自分のペースで好きな斜面を登り、滑ればいい。急斜面を降りることもあるスキーと違い、「これなら怖くない」という女性も多いのだとか。今回は、「クロスカントリースキーで朝食を」というプログラムに参加。まだリフトが動く前の朝早く、誰もいないゲレンデをすべって、中腹にあるマウントカフェ「ラプ」をめざします。そこには、たどりついた人だけが食べられる朝食が!自家製のパンやヨーグルトが絶品でした。夜になるとナイトクルージングも開催。スノーモービルに引かれたソリにのり、ゲレンデを疾走するのが気持ちいい!木々の間のけもの道を抜ける感じは、息子いわく「ジェットコースターみたい!」です。

sab_raf

スノーモービルに引かれて、雪の上を疾走するラフティング。水しぶきならぬ、雪しぶきを受けて、爽快でした

 

yobi1

ナイトクルージングの後は、ラクレットを「いただきます!」。焼いたお肉や野菜にチーズをかけて、わいわいと

 

 

氷のグラスで、カンパイ!

sab_bar

yobi4 鈴木親子2

リゾート内にあるアイスビレッジは、文字通り、氷の街。子どもたちのお気に入りは、氷の滑り台。あなどるなかれ。氷ですから、けっこうスピードがでます。父としては「氷のバー」でしょうか。大人になったら、子どもたちと一緒にバーに行きたいと思っていたので、そんな将来を想像しつつ、氷のグラスでカンパイしました。「氷のカフェ」では、氷のイスに座ってチーズフォンデュを。「氷の学校」では空から降ってくる雪をつかまえて、雪の結晶レプリカを作りを楽しみました。「この結晶はキレイ!」「これは壊れてる・・・」と夢中になって探す子どもたち。終わったあとも、帽子やウェアにくっついた雪を見ては、結晶作りをしていました。

最近ちまたでは「スキーブーム再来?」なんて言われていますし、この冬は家族で出かけてみてはいかがでしょうか。

文・鈴木祐介 写真・有岡志信

 

 

〈取材協力〉

星野リゾート「リゾナーレ トマム」

 

アイスビレッジ新ビジュアル (1)アイスビレッジ

学生以来、スキーもスノーボードもすっかりご無沙汰という方。今までやったことがないという方。どちらも楽しめるアクティビティが豊富です。ホテルは全室100㎡以上というオールスイートで、ジャグジーやサウナも部屋についており、ゆったりカラダを癒せます。「ママを楽ちんにする」をテーマに、ママをサポートするサービスが充実しています。

〒079-2204 北海道勇払郡占冠村字中トマム
TEL 0167-58-1145

URL http://www.risonare-tomamu.com/

※アクティビティはいずれも有料。事前予約が必要です。

 

 

 

 

JAL×星野リゾート「日本旅プロジェクト」のスキーツアーを利用して、家族で雪山を体験してきました。

http://www.jal.co.jp/tabi/special/pickup/tabi_project/

tabi

767_presscut_A

 

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

最近よく読まれている記事をご紹介
週間人気記事ランキング

まだデータがありません。

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます