家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > 特集 > 【夏休み】海川山森&キャンプ特集 > 夏休みの家族旅行は、四万十川でカヌーキャンプ再び。

【夏休み】海川山森&キャンプ特集

2017.8.9

夏休みの家族旅行は、四万十川でカヌーキャンプ再び。

今年の夏休みは家族でどこに行くかと言う話を、

6月くらいからしていたでしょうか。

長男高1、次男中1、娘小6。

家族全員、行くなら今しかねえか、海外。

ということで、

ハワイだのタイだのベトナムだの、

「今、1番行きたいのはキューバだ」

とか、時に酔いに任せて叫びながら、検討しておりました。

「やっぱりお盆ど真ん中は高いから、日程を少しズラすか」と

いうことになり、探していたのですが、

ある時、次男のシンが

「オレ、部活休みたくない」と。

シンはサッカー部。夏休みは先輩たちの大会もある。

中1のシンは応援だけれど。

そうか、ということで、後日、夏休みのサッカー部の日程を

確認してみると、部活の休みは、ほぼほぼお盆。

なるほど、なかなかびっしりだ。

ということは、お盆のど真ん中に海外か。

という覚悟をしようとするも、やはり高い(苦笑)。

夏休みの海外旅行マインドが振り出しに戻る。

まあ、国内でどこか探すか、と

1回下がってしまったテンションの中、

あてもなく探し始めようとしたその時、

頭に浮かんだんです。あの場所が。

四万十川!

シ・マ・ン・ト・ガ・ワ!

あれは2012年のお盆時期、

椎名誠に憧れて、野田知佑を崇めていた私は、

当時、小4の長男コタと、小1の次男シンを連れて

四万十川にカヌーキャンプに行ったのでございました。

カヌーを漕いで川を下り、

夕方、上陸した河原でキャンプするという4日間。

このサイト、oton+toもまだまだ始まったばかりの頃でした。

よい思い出となった父子旅でございました。

 

「もう1回、四万十川に行くのはどうだろう、今度は家族全員でカヌーキャンプ」

夕食の時、みんなに聞いてみました。

 

コタ、「おお、懐かしい。いいんじゃない」と。

それまで、すっかり海外旅行モードになっていた娘ノンも、

兄たちが行った四万十川には惹かれたようで

「行きたい!!」と。

オカンは一瞬怯みましたが、

「みんなが行きたいのであればそれが一番いい」と。

そして、シンが遅れて帰宅。

ここのところ、THE 中学生となってきたシン、

ちょっとマセていて、シティー派なので(笑)、

もしかしたらイヤがるかもと思いましたが、

「夏休みはお盆にぼみんなで四万十川、どうだろう?」

と聞いてみたら、シン、一瞬、上を見上げて想像してから、

ニカッ!と笑ってうなづきました。

 

DSCN0583

DSCN0649

DSCN0723

▲2012年の四万十川

 

 

ということで、

2017年の夏休みは、再び四万十川へ行ってきます。

今回は家族全員で。

本日夜に車で出発します。

サッカー部も休むことなく。

四万十川の模様はまた後日アップさせていただきます。

 

※ちなみにシンのサッカー部、

県大会、関東大会と勝ち上がって、

昨日の8/8に、全国大会の切符を手に入れました。

四万十川から帰ったあと

8/19から熊本で全国大会が始まります。

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

最近よく読まれている記事をご紹介
週間人気記事ランキング

まだデータがありません。

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます