家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > オトンが体験 > 父親が教える男の世界。父子でバーバーへ行こう!

オトンが体験

2014.7.31

父親が教える男の世界。父子でバーバーへ行こう!

男に生まれたからには、何かしらこだわりをもっておきたいもの。例えば、身なり。身なりの整えにこだわる。時間をかける。男の嗜み(たしなみ)ってやつです。それを息子に教えるのは、男親に課せられた使命です。男の世界観を伝えたい。今回は、そんなお父さんに捧げる企画です。

_28K0625_main

父子2人並んで髪を切る。2人揃って男を磨く。この空気感を味わうだけでも床屋に行く価値があるかもしれません

 

床屋。それは男の美学が凝縮される場所

お父さんと息子、ふたり揃って床屋に行く。美容院ではなく床屋ってところがミソですね。無骨な造り。立ち込める男性化粧品の香り。お客さんも基本的に男の人。床屋は、佇まいからして男の美学で固められています。今回、父子で男磨きに挑戦してもらうのは茨城県にお住まいの守谷浩志(もりやひろし)さん(44歳)と長男の智(さとる)くん(9歳)。実は浩志さん、1000円カットのお店で済ます時期もあったそうですが、最近は居心地や気持ち良さを求めて床屋に戻ってきたとのこと。智くんは、お店での散髪自体が初体験。今日が、おうちカットから巣立つ日。お父さんと一緒に、大人の階段を一段登ります。

男なら、そこはリーゼントでしょ

今回ご協力頂いたのは、東京・原宿の「バーバーショップエイト」。オーナーの鈴木さんは、「リーゼントのスペシャリスト」として全国に名を馳せる理容師。全国各地から、中には海外から来店するファンもいるとか。そんな床屋さんで、普通の髪型をオーダーするなんて野暮というもの。ここは迷わずリーゼントに仕上げてもらうことに。床屋×リーゼント。男を磨くには充分すぎる状況が揃いました。2人並んで理容椅子に腰掛け、カットスタート。どことなく緊張気味の2人。でも風景としてはなかなか微笑ましいものがあります。

 

剃刀と一生付き合っていく男の肌、デビュー

床屋の醍醐味と言えば顔そり。肌に剃刀(かみそり)を当てられる。これ自体、子どもにとっては初めての体験なわけですが、お父さんが髭を当てられている姿を見るのも新鮮な体験。男の肌は、剃刀と付き合っていく。そんな男の世界を初めて覗きます。その後、水性ポマードでセットしてもらい、父子揃って美しいフォルムのリーゼントに。「なんか恥ずかしいですね」と浩志さん、照れ笑い。智くんは初めてのポマードに戸惑いを隠せない様子。「もうこれ取りたい」とか言いながらこちらも照れ笑い。そこでオーナーの鈴木さん、二人を見つめて一言。「息子と一緒に床屋に行くってのは今しかできないことだからなあ。いつか息子と酒を飲みたい、みたいな夢って親父はみんな持ってると思うけど、あの感覚なんだろうね」。床屋は、父親だけが独り占めできる息子との思い出か。男だけで過ごすお父さんと息子の豊かな時間。この週末、あえての床屋はいかがでしょうか。

●文・久保馨 ●写真・木原基行

_28K0041_sub_kodomocut

智くんは家以外で髪を切るのは初体験。知らず知らずのうちに表情に緊張が走ります

_28K0518-01

オトンには懐かしい、子ども用の補助椅子

_28K0532_sub_kouho2

床屋の醍醐味、顔そり。鈴木さんによると、顔そりをするためだけに店を訪れる人もいるとのこと。床屋のサービスの一部ではなく、顔そり自体に価値を感じている人がいるということか

_28K0280._sub_imagejpg

最近では見かけることも少なくなったシェービングカップ。理容院にしかないサービスということで、泡にも工夫がある。髭が柔らかい人や子どもには石鹸を泡立てたもののみで十分だが、硬い人には専用のフォームを混ぜて使う。使い分けにプロの技術が光る

 

_28K0504_main&sub_kouho

髪を整えてもらうオトンを見つめる智くん。身なりの整えにあえて時間をかける大切さ、わかってくれたかな

_28K0664aftercut

父子でお揃いのリーゼントに。なんともチャーミング

_28K0706_kirinuki_kouho _28K0029_beforecut

before

<今回ご協力頂いたお店>

_28K0002_misenokokuthi

バーバーショップ エイト

東京都渋谷区神宮前3-27-11  tel:03-3405-6070

ファッション業界やショップスタッフ、全国のリーゼントファン、地元のご年配まで、幅広い層から支持を集める名店。ロカビリーやサイコビリーに傾倒するディープな人たちや、50’sカルチャーを愛する本格派のオーダーにもしっかり応える本格派の技術力と、オーナー鈴木さんの気さくなキャラクターによる応対が魅力。昭和の面影が色濃く残る外観や内装も、粋な空気を醸し出している。

こちらの記事も合わせてどうぞ

娘と平日、レストランデート

銭湯に行こう!

スノードームを作ろう!

「親父に認めてもらっていると確信できたから〜」海洋冒険家、白石康次郎さんインタビュー

 

 

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

最近よく読まれている記事をご紹介
週間人気記事ランキング

まだデータがありません。

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます