家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > 特集 > 【夏休み】海川山森&キャンプ特集 > アウトドアのススメ テントは小さく

【夏休み】海川山森&キャンプ特集

2015.4.16

アウトドアのススメ テントは小さく

いよいよ暖かくなってきて、アウトドアの季節がやってきた。アウトドア活動ではいろい

ろな道具が必要になる。中でもテントに関して「ファミリーキャンプで使うテントはどん

なものがいいですか?」とよく質問される。私自身、今までにいろんなタイプのテントを

使って来たが、現在は、収納コンパクトな自立型ドームテントを愛用している。なぜなら

ば、収納時にコンパクトで車へ積んだ時に場所を取らず、軽量なので持ち運びも楽。とに

かく設営が簡単なのだ。大型テントは、設営したときに天井が高くて室内も広く、便利そ

うに思え見栄えも良い。しかし、長く使ってみるとそんなに大きなものが必要ないことや

設営と撤収時の大変さ、収納時の場所の問題など大きなタイプが故の問題点が数多い。それに比べ、収納コンパクトなテントはそう言ったストレスがない。とにかくテントは、手軽に使える事が大切。もちろん、生地の耐水性、フレームの強度はしっかりしたものを選ぶ。私がテントと併用するのがタープ。一枚布の屋根みたいなものだ。雨の時や日差しが

強い時などに使っている。テントの前室に広い機能空間を求めるとどうしても大型のもの

になってしまうので、前室の空間を確保するにはタープの併用がいい。こんな収納コンパ

クトテントやタープは、オートキャンプ以外のアウトドアでも使用でき、汎用性が高く長く付き合える道具である。

 

アウトドアマン 小川修司

親子体験や企業のレクリエーションのための四万十川・那珂川カヌーキャンプツーリング、トレッキングなどのアウトドアツアーやコーディネイトを行う。1998年、テレビ東京「テレビチャンピオン」のアウトドアのテクニックを競う「無人島王選手権」で優勝。アウトドア系の雑誌等で紀行文やコラムを執筆。

 OJ15_03_3_out_ph

////////////////////////////////////////////////////////////////

アウトドアマンによる

那珂川カヌーキャンプ1泊2日の旅開催

自然の中でのんびりと川を下るカヌーキャンプツーリング。

親子で参加受付中!

 

◎日程

6/6(土)〜7(日)

6/20(土)〜21(日)

◎コース

栃木県(那須烏山市、茂木市)~茨城(常陸大宮市)

 ※那珂川は、那珂那須岳のひとつ朝日岳を水源として、河口までの長さは150kmに及びます。ツアーでは、田舎の風景と里山の自然が見事な区間を使い川を下ります。

家族で遊び心満点のアウトドアを支援します。ご質問はお気軽に!

お問い合わせ、お申し込み、詳細はこちらをご覧ください。

http://www.fuma.co.jp/nakagawa.htm

※お問い合わせ時には、otontoを見たとお伝えください。

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

最近よく読まれている記事をご紹介
週間人気記事ランキング

まだデータがありません。

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます