家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > 父の失敗・悩み・たわごと > 親の気持ちが、子どもに伝染するのかもしれない。〜共働き子育て

父の失敗・悩み・たわごと

2016.12.6

親の気持ちが、子どもに伝染するのかもしれない。〜共働き子育て

 

子どもたちを保育園に行かせてよかった、と想う。

朝7:30から、18:30まで預けるわけだから、

はじめはかわいそうかなあ、とか想ったこともあるけれど。

あと、3歳神話というか、ありますよね、

小さいうちは親がそばにいないと、というような。

 

ただ、うちの場合、親がふたりとも働いているし、

そもそもわたしが妻に任せっきりになりがちなので、

保育園に預けるのは必須でした。

 

ずっとつきっきりではないほうが、妻の負担も減るだろうなあ、

というのも想っていたし。

実際、わたしも妻も、「仕事」という時間がある分、

子どもたちと向き合う時間は、思い切り向き合えると感じています。

 

それに、個人的には子どもたちに、とにかくいろんな経験をさせたい。

なんと先日、娘はマフラーをつくってきました!!

パパは何色がいいー?!と聞いてくれるので、もしや作ってくれる?と期待しています。

今度は餅つき大会をやるそうです。

 

他にもクリスマスパーティーだとか、季節行事もたくさんある。

給食も旬のものを楽しめるし、自分で料理したり。

もちろん友達もたくさんできるし、箸の使い方は、保育園で学びました(笑)

親同士も仲良くなって、一緒にBBQをしたりとか。

 

これはたぶん、ですが、親がかわいそうだと想って預けるから

子どもにとって、本当にかわいそうになってしまうのかもなあ、と。

娘は1歳のころから預けていますが、保育園の楽しさをわたしも知っていたので、

「いいなあ、保育園いけて。たのしーぞー」

と言い聞かせて(笑)いました。

 

そうすると、保育園=楽しい場所、になるんですね、子どもにとっては。

それが大事じゃないか、と。実際、娘はおかげさまで毎日楽しく通っています。

 

FullSizeRender

編集部 鈴木

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

最近よく読まれている記事をご紹介
週間人気記事ランキング

まだデータがありません。

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます