家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > 特集 > 【夏休み】おすすめ本、映画、ちょっとお出かけしたところ > 映画でみる父娘のキズナ。

【夏休み】おすすめ本、映画、ちょっとお出かけしたところ

2016.7.1

映画でみる父娘のキズナ。

サウスポー、見ましたか?

T01a_169573

 

まだのパパは是非!

ちなみに本稿では予告編レベルのネタバレ禁止なので、

どうぞ安心して読みすすめてくださいませw

すでにご覧になられた方は・・・適当にサラッと眺めてくださいませw

 

内容的には、すべてを持っていた男がすべてを失って、

でもまた立ち上がって・・・というジェットコースター式の

よくあるハリウッド映画なのであります。

しかし、この映画に隠された重要なテーマが「父性」なのであります。

名作「チャンプ」のリメイク的な作品ですが、

大きな違いは主人公の妻が死んでしまうことと、

子どもは息子ではなく娘であること。

というわけで、娘を持つパパは特に必見です。

 

物語はというと。

世界チャンプで無敗、典型的なパンチドランカーという

ややお約束感強めの主人公は同じ施設出身の美しい妻と最愛の娘、

そして仲間に囲まれ、何不自由ない人生を謳歌しています。

 

ところが生来の短気が災いし、妻を失ってしまいます。

「NO!NO!NO!NO!」

ここからが転落人生のはじまり。

ライセンス停止、収入ゼロ、家も車もボッシュート(テレッテレッテ〜〜)、

極めつけには父親としての義務を果たす能力がないと

娘を施設に送られてしまうのです。

 

「パパと一緒にいたいのに!」

叫びも虚しく。

ちょっと太ったおばさん裁判官が、無情にドンドンとあの木槌を叩くのです。

アメリカって怖いよね。そしていつもおばさんだよねw

 

施設を訪れる度に心を閉ざしてく娘。

一緒にいられないだけで既にツラいのに、

そっぽ向かれるって、最高にツラい。

わかるぜ、わかるぜ、ホープ!(主人公の名前)

 

そんなパパに娘はとどめを刺すのです。

「ママじゃなくてパパが死ねばよかったのに!」

と(涙)。

WOW!Knock Down.

でもね、娘はもっとツラいはず・・(涙

 

もはやこれは、最近ニュースをにぎわす“イケナイ薬”に

手を出してしまいそうなシチュエーションですが、

ホープは娘を取り戻すために立ち上がるのです。

とんでもない豪邸から、場末感丸出しの安アパートに居を移すというわっかりやすーい

落差も描かれつつ、場末のジムでトレーニングを積んでいくのであります。

 

筆者もまだ3歳の娘のパパであります。

どんな女性の言うことも聞かなくても、娘の言うことは絶対に聞きますよねw

妻も大事、母も大事。でもね、娘は、娘だけは別格ですよね〜。

 

余談ですがご存知の通り、サウスポーは左利きのボクシングスタイル。

由来はメジャーリーグが有力ですが、諸説あるみたいです。

確かロッキーでもサウスポーの由来を語るシーンがありましたね。

 

映画のタイトルにもなっているサウスポー。

何となく結末が見える感じがするって!?

まあ、でもこのわかりやすさがいいんです!(笑

 

次回のレビューもご期待くださいませ。

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

最近よく読まれている記事をご紹介
週間人気記事ランキング

まだデータがありません。

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます