家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > オトンの心得・決めごと > 【必読】ひろパパ流 子どもたちにやっておくべき7ヶ条。〜父と子

オトンの心得・決めごと

2016.11.16

【必読】ひろパパ流 子どもたちにやっておくべき7ヶ条。〜父と子

今回は自分が子どもに意識していることを列挙してみました。

エッセンスなので、今後さらにコンテンツを増やしていきますね。

 

1ディスニーランドには連れて行くこと 

→感動体験の多さが子どもを豊かにする(添付写真が僕です)。

うちは毎年行くことに決めております。

2できる限り幼稚園の送りをすること
→決して戻すことの出来ない時間の中で、この時ほど幸せを感じることはない

3世界を見せること

→仕事がらアジアが多いのですが、小さい時に世界に触れさすことで子どもたちの可能性を広げることにつながる。人生の可能性は移動距離に比例する。

4パパの働く場所を見せること 

→小さい頃に自分の職場を見せることでパパの頑張りを実感!パパが何をしているのかわからないのは何かストレスに感じる。。。

5大自然(キャンプ)を堪能させること 

 →人間は自然の中で生きている。大自然に触れることで、自然の壮大さと美しさに触れ、

感性が豊かになる。 

6絵本に投資すること 

 →どれだけの言葉に出会ったかで人生は変わる。だから読み聞かせは大事。

 7幼馴染を作らすこと

 →本と同様、誰と出会ったかで人生は変わる。小さい頃からの親友や幼馴染が多いほど、将来助けてくれる仲間が多い。

 

 まだまだたくさんあると思いますが、自分なりの7ヶ条を作ってみました。

 

 これからどんどん増えてくると思いますが、皆さんもマイルールや子どもたちに

やっておくべきことを決めておくことをお勧めします。

ブラックミッキー

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

最近よく読まれている記事をご紹介
週間人気記事ランキング

まだデータがありません。

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます