家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > 特集 > 夏休みの思い出 > 花火の灯に、想うこと。

夏休みの思い出

2016.8.23

花火の灯に、想うこと。

先日、庭で花火をしたときのこと。

わが家では、いつもみんなでやるのですが、

毎年やるからこそ、ちょっとした成長を感じることができます。

 

手持ち花火をおっかなびっくりやっていた娘は

もうぜんぜん怖がらなくなったなあ、とか。

 

息子は、線香花火をふたつ

くっつけて大きくするとか、そういう楽しみ方も

できるようになったんだなあ、とか。

 

火花がこっちに飛んできたとき、

「おとうさん、だいじょうぶ?」と

気遣いできるようになったんだなあ、とか。

 

本当にちょっとしたことなんだけれど、

毎年毎年おおきくなっていく様子が嬉しくもあり、

いつまでこうやって一緒に楽しめるかなあと

寂しくもあり。

 

まあ、でも大きくなったらなったで、

違う趣味で一緒に楽しむか、と思い直したり。

 

線香花火を見つめながら、

そんなことを思った夜でした。

 

FullSizeRender

(編集部 鈴木)

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

最近よく読まれている記事をご紹介
週間人気記事ランキング

まだデータがありません。

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます