家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > 特集 > 【夏休み】海川山森&キャンプ特集 > 浜辺で手軽にビーチテニス!

【夏休み】海川山森&キャンプ特集

2016.7.15

浜辺で手軽にビーチテニス!

こないだ、犬の散歩でをを歩いていたときのこと。

鵠沼海岸は、日本のビーチバレー発祥の地と言われていて

ビーチの一角には常設のビーチバレーコートがあり、

たくさんの人がビーチバレーで遊んでいます。

ここで大会も行われています。

ビーチバレーをしている姿をなんとなく眺めながら

犬と歩いていたんですけど、何面もあるコートのうち

いくつかで違うスポーツをやっていたんですね。

ネットに分かれて2人ずついるんですが、格好も

ビーチバレーの選手のような、浜辺に映える雰囲気で

バドミントンのような、いやどちらかというと羽子板のような、、、。

ビーチに映えるスポーティーな羽子板。

ビーチテニスなんです、これ。

前からなんとなく知っていたような気もしますが、

あらためて、ほほう!と思いまして、しばらく見ていました。

なかなか面白そうなんですね。

テニスとかやっていtなかったオッサンでもやりたくなってしまうくらいの感じ。

ビーチバレーは、ガンガン砂浜に飛び込みながらレシーブを打つというハードな姿を

見ているので、飛び込んだ拍子に脱臼なんかしてしまうんじゃないかと

恐れるオトンとしては、やるというより見るというイメージになっているんでけど、

このビーチテニス、子どもと遊べるなと思ったんですね。

 

IMG_0142

こないだの風景

 

目の前の人たちは試合をしていたようなんですが、

ラケットを伸ばしてポーンと打ち返すので、

飛び込んでレシーブしまくるビーチバレーより動きが少ないように感じます。

なんせ、羽子板か?と思ったくらいですから。

足元が砂というのも体力使いますし、

試合は、当然もっとハードだと思うんですけど、

目の前で試合している人たちも、かなり体力を使っていると思うんですけど、

でもこれは、家族で楽しめるんではないかと。

 

ちょっとこちらをご覧ください。昨年、宮崎の日南テレビで放映されたものがありました。

 

日本ビーチテニス連盟のサイトを見ると、

ビーチテニスの薦めというタイトルで、こう書かれていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このスポーツは、砂浜で手軽に行えることが一番の特徴です。
また、年齢を問わず、技術力も必要なく、ファミリーなどで楽しんで頂ける・・・新スポーツです。日本では古来から「羽子板」という遊びがありますが、それにも近い。日本のお家芸であった「バトミントン」にも近い。もちろん「テニス」にも近い。そして「ビーチバレー」にも近い。日本人が一度はプレイしたことのある遊びやスポーツの要素を取り入れたスポーツです。

もちろん、プロプレイヤーを目指すのでであれば、それなりにトレーニングは必要になります。ですが、このスポーツは世界的にも、まだ歴史が浅いため、これから世界を目指すことも夢ではございません。

夢をかなえるスポーツとして、手軽なスポーツとして、ご一緒に砂浜で思いっきり楽しんでみませんか??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

島国日本!ビーチで!夢をかなえるスポーチとして、手軽なスポーツとして。

とてもよいではありませんか!

 

全国ビーチテニスマップというのも紹介されていました。

 

 

ラケットはこんな感じです。木でできています。

なかなかカラフルですね。やはり羽子板的といいますかw。

ボールも。

テニスボールに似ていますが、もっと柔らかいです。

 

以上、oton+toオススメのビーチテニスでした!

 

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

最近よく読まれている記事をご紹介
週間人気記事ランキング

まだデータがありません。

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます