家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > 遊ぶ なかで > 自宅で待ち合わせて映画を

遊ぶ なかで

2015.12.8

自宅で待ち合わせて映画を

別に家族で映画を観に行くということでもなく。

家で夕食を食べた後、ちょっとみんなで借りてきた映画を観ようかというくらいのことです。

しかし、それがなかなか難しい。

家族が同じ2時間を共にするということができないのです。

部活、塾、サッカー、プール、フラダンスなどなど、

平日はもちろん、週末の夕方も、子どもの誰かに何かの用事があったりする。

そんな中、otonもokanもそれぞれ、週末にも仕事やらなんやらが入ったりするもんだから、

家とはいえ、みんなで映画を観るっていうのは至難の技なのであります。

んー、こうなったらもうっ!

ということで、ある平日の20:30。全員が揃いそうな日時時を決めて、

みんなで家で映画を観るっていうのをやってみたんです。

「どうしても映画が観たい!観なきゃダメなのである!」っていうことでもないんですが、

こうしてみんな忙しいままだと、いつまでたってもなんかこう、このままそうなるなあと。

それはそれで、時の流れというもんだと思ったりするんですが、

ちょっとここらで、あえてイベントチックなものを突如入れ子んでみるというのも

面白いんじゃないかということですわ。

それまでに全員帰宅して、宿題すまして晩御飯をすませて映画にのぞみます。

観るのは、「フラガール」。

娘がフラダンスをやっていて(okanもやっていて)、

娘は結構、本気でやっているので(okanもがんばっておりますが)、

フラガールは娘にとってとても面白いんじゃないかなと、前々から思っていて、

彼女にも言っていたので。

兄2人はどうかなとも少し思ったけれど、観たい!ということだったので、

これを平日20:30。みんなで自宅で観る映画に決めました。

で、当日、朝飯時、「本日20:30から映画を観よう」と、

あらためて本日の件をみんなで確認。

otonも遅れてはならんと20時に帰宅。

長男も塾から20時過ぎに帰ってきまして

次男と娘はせっせとお手伝いなんかもしております。

みんなでワッセワッセと夕食を平らげ、

よし、映画の時間だ!と。

上映開始が予定より10分ちょっと遅れましたが、

みんなでソファへ。3人掛けのソファに5人が座ります(プラス犬)。

子どもらも、映画で観る用にスナック菓子なんかを前日に買ってきておりました。

まさに5人全員(プラス犬)カウチポテト族ですわ(古い言い方ですが)。

映画を観ました。

娘は、途中、寝そうになりましたが、

(やはり眠い時間なので)

最後のダンス、とても楽しんで観ておりました。

わざわざ自宅で待ち合わせて映画を観るっていうことをした感じ、

これはこれで、よいもんだなあと思った訳でございます。

fulagirl

 

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます