家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > オトンの心得・決めごと > 卒業式の挨拶

オトンの心得・決めごと

2017.3.13

卒業式の挨拶

我が家は今月、長男の中学校卒業とと次男の小学校卒業が重なっていて、

ものすごく春を感じる3月です。

 

ちなみに私今年度は、何のご縁か中学校のPTAの会長をやらせていただきました。

今まで、PTA活動のようなものは、全くの妻任せで全然知らない世界だったんですが、

長男が義務教育を終わる年に、ようやく初めての経験でした。

はじめてみて思ったことは、ここに参加しているお母さんたち、

思いのほか、楽しく活動されているなということ。

もっと、大変そうだとか、誰もやる人がいないからしょうがなく、、、とか

そんな雰囲気が少なからず漂っているんじゃないかと思っていたんですね。

全く知らない自分としては。

 

でも、見事に違いました。

そりゃ当然、忙しい中を色々やりくりしながらとか、大変なことは

たくさんあるでしょう。でも、みんな楽しんでやっている。

それは、私の予想をすっかり裏切る光景でした。

だからからか、学校の行事でも、日々のもっと些細なこと

(でも、手を打たないと困るようなこと)とかでも、

先生、保護者が

「こっちは任せてください!そっちは任せました!ここは一緒に」

みたいな関係で進んでいくんです。

お互い感謝しながら。

 

 

以前、「何でPTAの役員をやるようになったんですか?」

と何人かのお母さんに訊いてみたことがありました。

そしたら、

「子どもが家であんまり喋らないし、学校の様子もよくわからないから、

PTAをやったら学校のこと、子どものことがもう少し分かるかなと思って」

何人かのお母さんがそう言っていました。

なるほど、そういう動機があるんだなと。

 

 

そして先週は、中学校の卒業式でした。

PTA会長の数少ない(笑)役割の一つに

卒業式での「お祝いの言葉」というのがあります。

以前、入学式の挨拶も、こちらで紹介したので、

卒業式の挨拶も、こちらに載せておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日はお忙しい中、ご来賓の方々をはじめ、保護者の皆さまのご臨席を賜り、誠にありがとうございます。PTAを代表しまして、一言、お祝いの言葉を申し上げます。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。そしてご臨席いただきました保護者の皆さまにも重ねてお祝い申し上げます。

先日、ある先生がおっしゃっていました。「卒業生を送るというのは、ベテランになるにつれて慣れてくるもんだと思っていたけど、そうではないんですね。卒業式をどれだけ経験しても、毎年、一人ひとりの違う生徒との別れであり、違う一人ひとりを送り出しているんです」と。

また先日、あるご父兄の方がおっしゃっていました。「子どもが中学生になって、すっかり言葉数が少なくなってしまいました。でも、そっけない会話の中でも『あ、今はちょっと嬉しい気持ちなんだな』とか、子どもの気持ちを感じるようになったんです。もしかしたらたくさん喋っていた小学校の頃よりも、子どもの気持ちのことを思うようになったのかもしれません」と。

本日、卒業生の皆さんは、そういう先生方の気持ちに囲まれて、そういう保護者の気持ちの真ん中に今、座っています。そのことをこの場でちょっと噛み締めてみてください。

これから皆さんは、様々な経験をされていくことになります。その中には、自分の意に反して、ということもたくさんあるはずです。一つ、時々思い出して欲しい言葉があります。「今、自分は楽しめてるか」。何か物事に出くわした時、何かをし続けなければならない状況で、つい、辛いとかめんどくさいとか思ってしまう時があります。でも、物事は自分の捉え方で180度変わることがあります。ふと思い出してみてください。「自分は今、この状況を楽しめているか」と意識してみてください。「せっかくやるんだったら、楽しんでみよう」とちょっと心にスイッチを入れてみてください。

皆さん一人ひとりが迎える「これから」に、幸多かれと願いまして、私の挨拶とさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こちらの写真、

上は中1の時の入学式。

この時に写真を撮ったのを覚えていて、

卒業式(下)でも同じメンバーで撮っていました。

5770909626646.LINE

 

 

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます