家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > オトンの流儀とか ビジネスマン編 > 「お前の幸せとはなんぞや?」1番の教育は、それを自分の生き方で見せること。 【後編】

起業家 埼玉県川口市 田所雅之さん(39歳)
オトンの流儀とか
ビジネスマン編 Vol.32

「お前の幸せとはなんぞや?」1番の教育は、それを自分の生き方で見せること。 【後編】

起業家 埼玉県川口市 田所雅之さん(39歳)

起業家 埼玉県川口市 田所雅之さん(39歳)

家族構成:妻、息子(4歳)、息子(1歳)

聞き手:oton+to編集長 布施太朗

第2回優等生でいることと、あなたの人生がハッピーであることは全く相関しないと僕は思っているんです。

―なるほど、息子さんの話に戻りますが、息子さんに求めていることってありますか?

僕は、ひとつ信念があるとすれば、自分の生き方を見せること、そして自分の人生を悔いなく生きることが一番の教育だと思っているんです。でもそれって、生半可な努力と生半可な決心じゃ無理だと思っているので、とにかく日々努力すること。別に何も言わずとも、レガシーを残す事ができればそれが親としての教育だと思います。最近、嬉しいと思ったのは、僕の本を見て「これ、パパの」って言うんです。上の子も下の子も。

―息子さんたちの将来については?

僕が事業をもっと成功させたら、サンフランシスコとかシンガポールに移住してインターナショナルスクールに入れたいなとか思いますね。僕がこんな感じなので、やっぱりグローバルでやって欲しいと思っています。僕自身の志でいうと、2年以内にこの本に書いたことを世界標準にしたいんです。今、海外の複数の出版社から依頼があってアラビア語、韓国語、中国語、タイ語、英語版を出版予定なんです。今は日本ですが、活動拠点を徐々に海外に移していきたいなと。今でも、インド人とかアメリカ人とかフランス人とかの友達とバーベキューなんかしていて、僕が英語で喋っている姿を見ているので、子どもたちにも刺激になっていると思うんです。

田所雅之さん

―刺激になるでしょうね。

ただ、何をしたいかは彼らが決めることなので。そういう言葉を使う仕事よりも、たとえば今は美味しいものが好きなので、コックになったりとか絵を描くことも好きなのでそういうクリエイティブなことをしたりとか、自分で見つけて、決めたことを追求していって欲しいです。彼らの人生なので。でも、なかなか見つからないですよね。僕自身、今のような課題意識が芽生えたのが30になってからですし。30代、40代でも見つからない人は多いと思います。

―お子さんは早く育って欲しいですか?

それ、いい質問ですね。その瞬間、瞬間を大事にせなあかんなと思っています。下の子は今、泣いたりして大変なんですけど、その瞬間を僕は完璧だと思うんです。今の状態は2人とも、成長をしようがしまいが、僕にとって2人は、どの瞬間も完璧なので、早く育ってほしいとかは関係ないですね。0才であろうが、1才であろうが、2才であろうが、今の状態が完璧なので。

―息子さんたちにひとつだけメッセージを送るとしたら?

お前の本当の幸せは何だ?っていう問いです。答えじゃなくて。で、それを口に出してじゃなく、日々の過程の中で俺はこうやっている。自分の生き方で見せるだけというのが、僕の信念です。

―いいですね。

僕が自分に毎日問いかけているのは、俺は何も達成していない。何も大きな仕事をしていない。じゃあどうすんねん。ということです。自分の幸せはなんぞやということを追求した時に、自分は達成意欲とか成長意欲が人一倍強いのでそういう問いかけになると思うんです。ただ、たとえば地方のマイルドヤンキーという文化がありますよね。地元で働いてショッピングモールにいってパチンコ行って、昔からの仲間と遊んで酒飲んでという。家族とか仲間を心から大事にしている人たち。そういうタイプの人だと、達成意欲とか成長意欲とかよりも、周りの人たちを守りたい。そこに本当の幸せを感じる、ということになったりすると思うんです。

―最後に、田所さんは、息子さんとの時間もがっつり持ちながら、ご自身の夢を追求されていますが、そのどっちも出来ていないという世のオトンというのはとても多いのではないかと思うんです。そんなオトンたちに何か気づきになるような問いというのはありますか?

そうですね。やっぱり、どんな状態が幸せですかってことですね。この質問って、多くの人にとって一番耳が痛い質問だと思うんです。例えば大きな企業にいると、僕も大企業とのプロジェクトに関わることもあるから感じますが、すごくリスクを避ける風潮になっています。制度ありきといいますか。それは大企業の論理としてはそうしたほうがいい。優等生的なほうがいい。マネジメントコストも低いですしね。ただ、優等生でいることと、あなたの人生がハッピーであることは全く相関しないと僕は思っているんです。だから自分にとっての究極の幸せはなんぞやと、考え抜くことじゃないかと思います。

―なるほど、オトンみなさん「あなたの本当の幸せとははなんですか?」。今日は面白かったです。ありがとうございました。

ありがとうございました。

関連リンク

田所雅之さん

今回の"オトン"なビジネスマンは、

田所雅之さん

株式会社ユニコーンファーム  代表取締役社長
家族構成:妻、息子(4歳)、息子(1歳)

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます