家族が幸せになる、お父さんスタイル

oton+to(オトント)

オトント

子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない

oton+to(オトント) > “オトン”なビジネスマンインタビュー > 家事は一切しません。2人目からはオムツを替えたことがありませんが、家庭は上手くいってます。

民泊とLEDの会社 経営 東京都千代田区 鈴木 直樹さん(33歳)
特別連載企画
"オトン"なビジネスマンインタビュー Vol.18

家事は一切しません。2人目からはオムツを替えたことがありませんが、家庭は上手くいってます。

民泊とLEDの会社 経営 東京都千代田区 鈴木 直樹さん(33歳)

民泊とLEDの会社 経営 東京都千代田区 鈴木 直樹さん(33歳)

家族構成:妻、娘(6歳)、娘(3歳)、娘(1歳)

聞き手:oton+to編集長 布施太朗

―お風呂は?

お風呂も一緒に入らないですね。もともと。

―昔入れてあげていたとかは?

ないです。

―オムツ替えたりとかは?

ほとんどないです。2人目、3人目は一度も替えたことがないです。

―ひとりめの時は?

ひとりめの時はやっぱり初めてなので、もう少し育児を手伝えというような話もあったような気がしますが、僕がこんな感じなので、やらないことが自然になりました。

―喧嘩にはならなかった?

喧嘩したこともありましたけど。

―その時はどんな話をされたんですか?

役割分担だよっていう話をした気がします。ただ、役割分担という話を奥さんは全然納得しなかったので、やるよという話もしましたが。でも結果、やらないという選択をしたんです。中途半端にやるより、もう一切やらないという。習慣というのは怖いもので、これが普通になるとストレスにならなくなったんでしょうね。

―掃除洗濯とかは?

しないですねえ。掃除は家事代行サービスにお願いしているんです。自分たちがいない時に入って掃除をしてもらっています。

―どのくらいの頻度なんですか?

掃除は週1回です。洗濯は奥さんがやってくれています。

―ちなみに幼稚園は近くですか?

歩いて10分くらいのところです。幼稚園は僕が送って行ってます。唯一それだけはやっています。

―どんな話をしながら行くんですか?

絶対あるのは「今日はなんのハンカチでしょう?」ですね。「ラプンツェルでしょ」「ハズレー」みたいな(笑)。

―幼稚園に着いたら、ハグとか?

スーッと行っちゃいます。ちょっと前まではベイマックスの真似みたいなことやっていたんですが、最近はしてくれなくなりました。

―どんどんお姉ちゃんになっている感じですか。

なっていってますね。

―寂しさってあるんですか?

全くないです。

―ちなみにお父さん友達みたいな交流ってありますか?

ないです。こんにちはレベルです。

―たとえば、幼稚園のお父さんたちで、せっかくだから集まってお酒でも飲みましょうかとなったらどうですか?

そういうのがあったら行きたいです。

―では、機会があれば行きたいと。

みんなそんな感じだと思います。完全に女性陣が前にいて、後ろで何も喋らずに会話に入ることなく立っている。お父さん同士で話すわけでもなく。そんなに家が近いわけでもなく、場所柄けっこう入れ替わりもそこそこあるんですよ。お父さんってそんなに会わないじゃないですか。一年に20回30回も会わないんで、仲良くなるっていう感覚ではないんですよね、雰囲気的に。

鈴木 直樹さん

今回の"オトン"なビジネスマンは、

鈴木 直樹さん

LED TOKYO 株式会社 代表取締役社長
静岡県出身。
家族構成:妻、娘(6歳)、娘(3歳)、娘(1歳)

「いいね」いただくと、oton+toの更新情報がFacebookのタイムラインに表示されるようになります
oton+to Facebookページ

oton+to編集長 布施太朗が本を出しました!
書籍のご紹介

祝!第4刷決定!

父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

布施太朗・著¥1,300(税抜)

いいねいただくと、oton+to更新情報が
Facebookのタイムラインに表示されます